タバコのポイ捨てゴミが再び話題になっている

タバコのポイ捨てゴミが再び話題になっている

タバコの吸い殻ゴミが問題として指摘され話題になった数は過去数え切れないほど再浮上を繰り返したのではないでしょうか。
タバコの吸い殻のポイ捨てによる火災、火傷、副流煙など事話題が尽きないタバコですが、今度は、海外で撮影された1枚の写真が話題で人々の関心を集めています。

今回は、タバコのポイ捨てゴミ問題について紹介させて頂きます。

タバコのポイ捨て

タバコのポイ捨てゴミを食べる野生動物

アメリカのビーチ撮影された、親鳥がひな鳥にエサと勘違いしてタバコのポイ捨てゴミを食べさせてる写真が撮影されてそれが公開されました。
この1枚の写真が多くの人を驚かせました。

本来であれば、小魚を餌に与えるはずなのですが、海に漂うタバコの吸い殻を小魚と勘違いし、ひな鳥へ与えているのです。

タバコのポイ捨てに非難殺到

タバコの吸い殻を咥えるひな鳥の写真には多く人がタバコのポイ捨てをする人間へ怒りを感じ非難が殺到しています。

  • 人間が他の生き物について考えない利己的な生き物という事実が非常に残念
  • 喫煙者は世界を自分たちの灰皿として見ている
  • これは予防可能な悲劇だ
  • 信じられないほど恐ろしいことです!
  • なぜ人々が自分のゴミを適切に処分するための品格がないのか!

など、世間の怒りの声は絶えません。

プラスチックゴミ問題が各国で取り上げられていますが、プラスチックのゴミよりもタバコのポイ捨てが自然界に多大な悪影響を及ぼすという発表も出てきています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、タバコのポイ捨てゴミ問題について紹介させて頂きました。

タバコのポイ捨てゴミは、歩きたばこ禁止区域でも絶えず見かけます。
その要因として、第一に問題なのが喫煙者のマナーが悪すぎる事が原因です。

歩きたばこをしていても取り締まりが緩いことや周りが注意しない事をいいことにひと気が無ければ堂々と吸って吸い殻はポイ捨てしています。
日本でも喫煙者は煙たがられる存在にはなって来ましたがより強い迫害を受け無ければ喫煙者のマナーは改善されていなかいのかもしれません。

0120370376