「もったいないから捨てない」で損してるたくさんのこと

「もったいないから捨てない」で損してるたくさんのこと

ゴミとして処分をするという決断をするときに最も躊躇させる思考があります。
それが「もったいない」です。

もったいないという考えは決して悪いことではありませんが、ケースバイケースであり、場合によっては 損してしまうことになってしまうのです。
今回は、「もったいないから捨てない」で損してるたくさんのことについて紹介させて頂きます。

もったいないから捨てない

部屋が片づかないのは「もったいない」のせい

着ていない洋服、使っていない家具などが部屋にたくさんある家庭は割と多いのではないでしょうか。
特に洋服は、シーズンを逃すと着なくなります。そして来季同じシーズンを迎えても旬じゃなくなっているので袖を通すのも億劫になっていくものです。

しかし、値段が高かったから捨てるのはもったいない、もったいなくて捨てられないといって押し入れに掛けっぱなしになるのがセオリーです。
押し入れに掛けっぱなしの洋服を見て次に思うのは「そのうち使うときがあるかもしれない」というフレーズです。

この一連の流れで実は不用品のなのにも関わらず長期的に保有している方が多いのです。

「もったいないから捨てない」で損してるたくさんのこと

「もったいないから捨てない」で損してることはたくさんあります。
簡単に分かりやすく紹介していきます。

スペース

モノを保有するにあたって必要なのはスペースです。
洋服だったら、タンスやクローゼットであったりと保有するための場所が着ない服のために占領されてしまいます。

不用品にスペースを取られると、窮屈な生活を強いられます。
また、部屋をきれいにしたいのに捨てられない不用品のために悩むことも多くなるでしょう。

不用品にスペースを取られているので本来活用する衣類を置く場所が無くなり正しいスペース(タンスやクローゼット)から溢れてしまいソファーやドアに掛けられて部屋が散らかる要因になってしまいます。

管理する時間

不用品を交えたモノの管理には多大な労力を要します。
本当に欲しいモノを探し出すにもしても、不用品が邪魔をしてすぐに見つからず時間が余計にかかってしまうことになります。

時間を失うというのは人生において、とても勿体の無いことです。
鍵を探す時間、財布を探す時間、携帯電話を探す時間なんて無いなら無いほうが絶対にいいですよね。

「もったいない」を少しずつ決断していくこと

高価なモノを捨てるというのは、とても勇気が要ることです。
処分にはかなりの時間を費やすことになるでしょう。

高価な衣類なら元を取るほど着倒すのが一番ですが出来ない場合は、処分を念頭におきながら長期的に検討して下さい。
そうすることである日「もういいや捨てよう」という決断を下すことが出来るようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、「もったいないから捨てない」で損してるたくさんのことについて紹介させて頂きました。

消費しきれない程の量を手にすることが「もったいない」を生み出す要因です。

  • たくさん料理を頼んで、食べきれず残すのはもったいないと悩む
  • 全然着ていない洋服、使っていない家具、値段が高かったから捨てるのはもったいない

これらをゴミとしてしっかり処分することが人生を加速させてくれるので未練をすっぱり断ち切る決断をすることを推奨しますよ。

0120370376