ごみ屋敷脱却!続ければ必ず家が片付く5つの方法

ごみ屋敷脱却!続ければ必ず家が片付く5つの方法

ゴミで溢れかえってる住まいより、綺麗に整頓されているスッキリとした空間のような家の方がいいですよね。
モデルルームのようにスッキリとした部屋にするのは実はそんなに難しいことではありません。

家に物があふれているとしたら生活習慣見直せばすぐに解決しますよ。
今回は、スッキリとした部屋にする5つの方法について紹介していきます。

5つの方法

1.短時間の片付け

5分でも10分でも毎日少しだけ片付けに割く時間を取れば意外と部屋は綺麗な状態を保つことが出来ます。
掃除はまとまった時間にいっきにやろうとする人が多くいますが、それだとエネルギーを多く使うので、取り掛かるのに気が引けて次第に部屋中がごみの山になってしまいます。

毎日少しずつコツコツ掃除したり捨てたりすることが結局は近道であり、これさえできればまとまった時間に取り掛かるのに大きなエネルギーを使うことはありません。

意外と5分、10分掃除するとかなりの範囲片付きますよ。

2.使うものだけを手に取る

散らかる原因は「使用頻度」が低いものを購入することが原因です。
入ってくる物を制限することが部屋を綺麗に保つ秘訣です。

使わないものを招き入れると動かすことが出来ない片付かないものが出来てしまいます。
例えば、ウィンタースポーツ道具。

冬に頻度高く利用するならレンタルより安いのはたしかなのですが、それ以外の時期は場所を取るだけです。
スペースに余裕がない住まいに住んでいる方は特に、「いつかつかうかもしれない物」や「特別なときに使う物」は極力招き入れないようにしましょう。

3.作業のついでに掃除する癖を付ける

ながらで掃除をするのはとても有効的です。
料理をしてる最中の手が空いた時間にキッチン周りを拭いて綺麗にしたり、調理に使用した包丁やまな板などのそのほか調理器具を料理してる最中に洗ってしまうと、後々洗い物をする際にとても負担が軽減されます。

4.定期的に空っぽにする

モノがたまる理由の一つに「貯め買い」があげられます。
使用頻度の高い洗剤やシャンプー、ボディーソープなどの買いだめはしてもいいのですが、常にストックを持つのではなく、定期的に空っぽにしてみてください。

タイミングとしては使い切るまで次を買わないようにすると決めるのが良い方法でしょう。

5.後でやろうをやめよう

部屋が散らかるきっかけが「あとでやろう」という考え。
帰宅した際に、疲れからか脱いだ衣類を適当に放置して後でかたずけようということをしたことはありませんか?

本当にその日のうちに後でやるなら問題ないのですが、後でやろうと数日放置してると、そこをきっかけに「あとでやるエリア」が出来上がってどんどん服が積まれて量が増していきます。

こうした先延ばしをしなければ部屋は綺麗な状態を保つことが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、スッキリとした部屋にする5つの方法について紹介させて頂きました。

部屋を清潔に保つにはやるべきことが多いように思えますが実は些細なことを毎日少量ずつやっていればいいだけなのです。
まず1日5分~10分の掃除を癖づけてみて下さい。

そうすると部屋は、みるみるうちに綺麗になっていきます。
そして掃除を継続していると不要なものが部屋のスペースを邪魔してることに気づいて買いものにも気を付けるようになるでしょう。

0120370376