物置を活用して不用品が出る取り除こう!

物置を活用して不用品が出る取り除こう!

部屋の中にモノが多いと、部屋が一向に片付きません。
特に困るのが使用頻度の低い動かすことが出来ないものです。

これらを収納するのにお勧めなのが物置です。
今回は、物置に収納できるモノについて紹介させて頂きます。

物置

使用頻度の低い動かせないモノ

思いのほか家の中には、使用頻度が低いにも関わらず保管しているモノが多くあります。
例えば、季節限定のもの。

ストーブを使う家庭では、本体とポリタンクが保管されているはずです。
他にもアウトドアやレジャーで使う品々など、定期的にアウトドアやレジャーを行う方ならレンタルするより購入するほうが安いのですが、それでも使用頻度が低いというのは間違いない事実です。

これらは室内にあると場所を取るだけで管理に悩まされることになります。

物置を活用する

室内は生活空間なので出来る限りスペースに余裕があるに越したことはありません。
一軒家なら庭に、賃貸にお住まいの人はベランダに収納ボックスを設けるとモノの管理が格段に楽になります。

大型の収納ボックスなら1万円以上は軽くするものありますが、小型の収納ボックスなら2000円ぐらいで購入することが可能です。
自身が物置で管理したいモノのサイズによって収納ボックスは選択しましょう。

物置に収納してもいいもの

物置は何でも保管していいわけではありません。
「冷暗所保管」となっている品は、物置での収納を避ける必要があります。

物置でよく保管されているのは以下になります。

  • アウトドアやレジャーで使う品々
  • 工具類
  • ポリタンク
  • カー用品(タイヤなど)

これらが主に保管されています。
反対に物置に保管するのに適してないのは以下の通りです。

  • 食品
  • 衣類
  • 写真や変色する恐れのある書物

物置の中に収納されていても、物置の収納物は温度差の負担を受けます。
温度差に弱い食品や衣類、写真などは室内の管理が望ましいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、物置に収納できるモノについて紹介させて頂きました。

物置の収納物には、温度差の負担がかかります。
なので暑くなっても問題ないものを収納することをお勧めします。

商品には注意書きのところに保管場所の温度の指定が書いてあるものが多いので高熱でも大丈夫なものだけを選定して保管しましょう。

0120370376