持たない贅沢(ぜいたく)を知ると不用品まみれの生活から抜け出せる

持たない贅沢(ぜいたく)を知ると不用品まみれの生活から抜け出せる

大量生産・大量消費時代で身の回りにはモノが溢れかえっています。
生活に役立つ家電製品が次々と発売されて、消費者も誘導されるままに商品を手に取ってしまい、結果として身の回りには使い切れないものがあふれるという構図が出来上がっています。

「足りない!欲しい!」と思う気持ちを捨てて、余計なものをそぎ落とし、自分の大事にするものを中心に生きる暮しをしませんか?
今回は、持たない贅沢(ぜいたく)について紹介させて頂きます。

持たない贅沢

持たない贅沢(ぜいたく)

モノをたくさん所有することが贅沢という印象は未だに根付いていますよね。
車を持ってないより、持ってる人の方が豊か、家を賃貸で住んでる方より、購入してる人の方が豊か、ブランド品を持ってない人よりも、身に着けてる人の方が豊か、多くの人がきっとこのようにとらえてるのではないでしょうか。

確かに選定して手にしたものなら、それがあると無いでは暮しに変化があるかもしれませんが、むやみやたらに購入すると話しは別です。
モノはむやみやたらに購入して所有すると豊かどころか不自由な生活を送る羽目になってしまいます。

モノをたくさん所有する足し算の贅沢より、モノを選定する引き算の贅沢「持たない贅沢(ぜいたく)」を知ることがもしかしたら身の丈にあった幸せを手にすることが出来るかもしれません。

ミニマリズム(最小限主義)

持たない贅沢(ぜいたく)を感じ取るには、ミニマリズム(最小限主義)の考えを知る必要があります。
現代を生きる人の多くはマキシマリスト(最大限主義)の考えです。

モノは少ないより、沢山あった方が高いパフォーマンスを発揮できると考えています。
対するミニマリズム(最小限主義)は少ないことで高いパフォーマンスを発揮しようという考えです。

例えるなら、マキシマリスト(最大限主義)は落ち葉がある森の中で生活をしていて、ミニマリズム(最小限主義)は体育館のような何もない環境で生活をしています。

鍵ひとつ探し出すのにでも、マキシマリスト(最大限主義)は落ち葉の中にある鍵を便利グッズを活用して探し出し、ミニマリズム(最小限主義)は、体育館のような何もない環境で生活してるのですぐに目につき無くなることがないといった違いがあります。

マキシマリスト(最大限主義)を否定するわけではありませんが、ミニマリズム(最小限主義)の方が時短で出費もない点から高いパフォーマンスを出しているといえるのではないでしょうか。

マキシマリスト(最大限主義)は、より多くの便利グッズを購入するのに対して、ミニマリズム(最小限主義)は身の回りの不用品を取っ払って本当に必要なものだけで生活するという暮しを送るだけで始めることが出来ます。

ミニマリズム(最小限主義)の考え方

ミニマリズム(最小限主義)の考え方はいたってシンプルで、どんなことでも積極的に減らすのみです。

  • 身の回りの使ってない不用品を減らす
  • 入ってくる情報を減らす
  • やりたいことを減らす
  • 心配事を減らす
  • 仕事の量を減らす

挙げればきりがないほど身の回りのいろんなものを見直して取捨選択するのがミニマリズム(最小限主義)の考え方です。
減らすことで、残ったものが本当に自分にとって必要なものという答えにたどり着くのです。

高い質で結果を出せるように仕事は減らすという見直しも人によってはとても重要になってきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、持たない贅沢(ぜいたく)について紹介させて頂きました。

世の中には、本当に多くの情報や商品が溢れかえっています。
それでもまわりにふり回されず、人生をシンプル&クリーンに調和させることは、価値のあることで、自分が自部らしく生活するために不要なものを捨ててシンプルに暮らしてみませんか?

0120370376