海のプラスチックごみが問題について詳しく紹介!

海のプラスチックごみが問題について詳しく紹介!

プラスチックごみは世界レベルで大問題になっていっています。
今年の話しで、日本でもニュースになり話題となったのが2019年3月、フィリピンの海岸に打ち上げられたクジラの胃から40kgものビニール袋が出てきたという件ではないでしょうか。

海洋生物の身体からプラスチックごみが出てきたという事例は、もっと前から世界各地でいくつも報告されています。
今回は、プラスチックごみが問題について詳しく紹介させて頂きます。


海のプラスチック

ビニールを餌と勘違いしてしまう

海洋生物は漂流するビニール袋などをエサと間違えて食べてしまいます。
ビニール袋は消化されないため、ずっと胃の中に溜まっていきビニール袋はでいっぱいになると、本来の食事がとれなくなりそのまま死んでしまうという事例が世界各国で多数報告されています。

日本も例外ではありません。
2018年の夏、神奈川県の浜辺に打ち上げられたクジラの赤ちゃんの胃の中からは大量のプラスチックごみが出てきました。

プラスチックごみはどこから来る?

ビニール袋は自然が生み出したものではなく、人間が作り出した軽くて丈夫で持ち運びしやすい便利なものです。
また、プラスチック製品は、軽くて丈夫なこと以外にも加工のしやすさから戦後世界中で製品に使われました。

それらプラスチック製品であるレジ袋やペットボトル、使い捨ての食器などのごみがポイ捨てされたり屋外に放置されて陸地から川へ、川から海へ流れて海洋をプラスチックが漂うようになっているのです。

世界では年間約800万トン

世界では年間約800万トンものプラスチックが、ごみとして海に流れ込んでいると推計されています。
800万トンというと東京スカイツリーおよそ222基分の量になります。
このペースでプラスチックごみ増えていくと2050年には、海にいる魚すべての重量よりプラスチックごみの量が上回ってしまうことになり、近い将来「プラスチックの海」になるとされています。

そのため、今世界中でプラスチック製品の廃止が早急に求められています。
日本でも2020年からビニール袋有料化に努めるということで世界に発表をしましたが緩すぎる規制に避難の声があがっています。
プラスチックごみが問題は世界中の人全員が取り組まないとどうすることも出来ないので、プラスチック製品を使わないことをひとりひとりが心がけるしかありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、プラスチックごみが問題について詳しく紹介させて頂きました。

ビニール袋は消化が出来ないので、何も分からない海洋生物が飲み込んで命を落とすという事例が後を絶ちません。
もともと海に無かったものを人間が生み出して、海に流し、そこで生活している生物の生命を脅かしているというのは、真剣に一人1人が考えなければならないことです。

ビニール袋をはじめとしたプラスチック製品は、生活の中でとても便利で役立っているのですが、地球の生態系を変えるほどの影響を与えることになってしまっているなら手放す以外の選択肢はないでしょう。
プラスチック製品は近い将来どんどん減っていきます。

プラスチック製品の無い生活が来ることを受け入れて、プラスチックごみを減らすためにもプラスチック製品のモノを手に取らないようにレジ袋を断ったりするところから始めてみましょう。

0120370376