購入するよりも消費する方が大変!ゴミ(不用品)を減らすなら購入しないこと

購入するよりも消費する方が大変!ゴミ(不用品)を減らすなら購入しないこと

手に取ったは良いがいつまで経っても消費しきれないモノって家にたくさんありませんか?
例えば本。これは読もうと思っていろいろと手を出してみたは良いが本を読むというのは思いのほかエネルギーを使う行為なので慣れてない方にとっては苦行と感じる方が多く本棚や、机に溜め込まれていきがちです。

今回は、購入を抑えるメリットを紹介していきます。

消費する方が大変

必要じゃなかったものを消費する労力

買い物をする時、必要ないけど買うかって思って買う人は、まず居ませんよね。

  • 何かの役に立つかもしれない
  • 良い商品だ買おう!
  • この本をしっかり読んで勉強したい

などなど、手に取る理由は様々だと思いますが、購入するよりも消費する方が何倍も労力を要することをご存じですか?
本を買うのは一瞬ですが、読書好きな人でも例えば180ページぐらいの小説を読むのは半日掛かります。

読書慣れしてない人だと、数ページ読んでその後ずっと読まないまま放置されるなんて結末をたどることもあります。

入り込んでくるものを止める

モノを増やさない方法は、とても簡単。
それは買わなければいいだけです。

家にあるものが100個とするなら101個にするには、貰うか、拾うか、買うぐらいしかないですよね。
大半が買うという行為でモノが増えるので、買うを抑えることがモノを増やさない重要なコツです。

今、家にあるものを消費しきって、そこから本当に必要だと思ったものを消費できる自信がある量だけ手に取って手に取ったものがあるウチはモノは買わないとルール決めなどするとモノは一定数を保つので購入ルールを作ると上手く消費出来て不用品を生み出さないのでお勧めですよ。

消費期間を設ける

見渡せば自室内は大量のモノで溢れてるという方は、消費する期間を意識して設けてみて下さい。
今週は食品を買わずに、今家にある保存食等を消費すると決めたら出来る限りその通りに実行すると、溜め込んでしまった今あるモノたちを一度リセットすることが出来ます。

長期保管すると、必要だったものも旬を過ぎてゴミ(不用品)になることだってあります。
室内のモノをリセットするというのは、とても素晴らしいことなので是非実行してみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、購入を抑えるメリットを紹介させて頂きました。

手に取ってレジに持っていき購入するというのは簡単で、その瞬間は何とも言えない高揚感を感じますが、その後、放置してしまうという結果にたどり着いてしまう人は、想像以上に多くいらっしゃいます。

必要だと思って手に取っても、使い切れないままになったり、消費することが苦痛と感じたりするので入り込んでくる流れを抑えることがゴミ(不用品)を減らす重要なポイントです。

0120370376