全て立てて収納することがデッドストックを作らない秘訣!

全て立てて収納することがデッドストックを作らない秘訣!

ゴミをゼロにする(ゼロ・ウェイスト)の方も、必要最低限のモノだけで生活しようという方にも共通してるのがデッドストックを作らないことです。
デッドストックとは、倉庫などに保存されているが、保管状況が悪く、本来の機能が発揮できなくなった品物、再び使われることがない品物を指します。

これは注意を払わないと、どこの家庭にでも起こりえることです。
今回は、デッドストックを作らない立てる収納のススメについて紹介させて頂きます。

デットストック

モノの住所はハッキリさせる

デッドストックを作らないためには、まずモノの住所をちゃんと作ってあげることが大切です。
モノの住所が決まってないモノがあると、必ずそこを起点に部屋がゴミなどで溢れ始めます。

リモコンの置き場、ハサミの置き場、本の置き場、服の置き場、掃除用品の置き場など各自にしっかりとモノの住所を定めてあげて下さい。

物を立たせる

衣服も、書類も、料理道具も全て立てて収納することをお勧めします。
立てることでそれぞれのモノが取りやすく、上部の「空き」を作らないので収納スペースを存分に活用出来ます。

そしてなにより効果を発揮するのがデッドストックを作らないという点です。
どうしても下になるものは忘れてしまいがち。
そして下にあるものは取るのも苦労するため手を出すのも億劫になって月日が過ぎていきます。

立てて全てわかるようにしておくことで今あるモノを全て可視化することが出来ます。

デッドストックが生まれる理由

後日使おうとして買いだめたりする行為が繰り返されると絶対に一番下になってしまうものが生まれます。
食品でも衣服でも一番下に何が入っているか把握してますか?
きっと答えられない人が殆どでしょう。

この記憶から忘れ去られたモノが月日が流れてデッドストックになっていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、デッドストックを作らない立てる収納のススメについて紹介させて頂きました。
収納を工夫することで、しっかりとモノの役割を果たすことが出来るようになります。

モノを生かすもゴミ(不用品)にするも収納するその人次第。
是非物を立てる収納を実践してみて下さい。

0120370376