不要になった香水の処分方法を徹底解説!

不要になった香水の処分方法を徹底解説!

自宅を片付けをしていて、もう使わなくなった香水が出てきたということはありませんか。
趣向が変わった、使用期限が不安ということでゴミとして処分したいけどどのように捨てたらいいかわからないという人もいると思います。

今回は、香水の処分方法について詳しく紹介させて頂きます。

香水

香水は、排水溝に捨ててはダメ!

香水の中身は、油分やアルコールが含まれているのでキッチンのシンクに流したり風呂場に流したりしてはいけません。
油を捨てるときと同様に新聞紙やタオルに染み込ませて捨てるのが正しい処分方法です。

スプレーのノズル部分をニッパーやペンチなどで取り外し香水の中身を取り出しましょう。
香水の空き瓶は作りがおしゃれなので再利用してインテリアにしてもいいかもしれませんね。

香水ゴミの再利用方法

香水の中身を捨てるのはもったいないなと思ったら、オリジナルの消臭剤を作るのをお勧めします。
必要なのは、空き瓶と、不要になった香水、保冷剤。あと、混ぜるためのスプーンなどがあれば完成です。

まず、保冷剤は解凍しておきましょう。
そしてジェル状になったところに香水を適量入れて混ぜるだけで完成します。
水分が蒸発してジェルがカラカラになったら、また水と香水を足すだけで何度か再利用が可能です。

香水はゴミとして出さす売ることも可能

不要な香水は、ゴミとして処分したり再利用以外にも、買取をしてくれるお店があります。
使用期限が不安な方もいると思いますが、香水はかなり長期間色あせること無く品質を保ってくれます。

近場にそういった買取ショップが見当たらない方は、オークションなどのWEBサービスを利用して買い手を探すのもいいかもしれません。
香水は割高なものも多いので、中古といえど残量によってはそれなりの値段で買い手が付きますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、香水の処分方法について詳しく紹介させて頂きました。
香水を処分するときは中身を排水口やトイレに流してはいけません。

紹介した方法で処分する、もしくは再利用して要らなくなった香水を使い切りましょう。

0120370376