【ごみ屋敷化】実家の片付けに悩む人が急増。原因と解決策を紹介!

【ごみ屋敷化】実家の片付けに悩む人が急増。原因と解決策を紹介!

自身が成長するにつれて、両親も歳を重ねて次第に高齢と呼ばれるようになり、父、母の高齢者二人だけで暮らすのはどこの家庭でもごく自然な流れですよね。
しかし近年では、高齢者だけで暮らすが故に実家のごみ屋敷化が増えているようです。

親ともめずに実家をきれいにするためには、どうしたらいいのか。
今回は、実家のごみ屋敷化を阻止する解決策について紹介させて頂きます。

ゴミ屋敷化

実家がごみ屋敷に

実家を出て上京したまに帰宅するような暮らしになるとハッと気づくと思いますが、ある日帰ったら実家がごみ屋敷になっていることは決して珍しくありません。
いつか片付けをしなければならない子供世代にとっては、大きな問題です。

親が元気なうちに、なんとか話し合いで説得してごみ屋敷を脱却しましょう。

あくまでも実家に住んでいるのは親

たまに帰宅する子供が気になってしまっても、あくまで実家に住んでいるのは親です。
押し付けにならないよう自宅の状態をアピールして了承を得てから清掃に取り掛かりましょう。

両親も若いうちは積極的に掃除をしていたかもしれませんが、年齢を重ねるにつれて掃除をするエネルギーが出てこなくなってしまいます。
年数に比例して汚れも蓄積していきますのである程度のところでゴミ屋敷化する前に手を打ちましょう。

ですが、両親もある日、寿命をまっとうして居なくなるかもしれません。
最終的に片付けをするのは、身内です。
綺麗な状態にしておけば何かあったときでも負担が軽減します。

両親の協力を得てごみ屋敷脱却

両親が判断出来るのであれば、何が必要なのか判断してもらいましょう。
親が大切にしていた物と知らずに処分してしまうと要らぬ火種が生まれてしまいます。

親世代は掃除が苦手です。
というのも親世代が育った時代は高度経済成長期で物がない時代に育っているため、物を持たないことは、貧困であり、物を持つことが豊かで、物を捨てるのはもったいないという考えが根付いてしまっています。

物が減らなければ掃除は困難でその後の管理も大変で綺麗にしては汚れての繰り返しになってしまいます。
根気強く数年を費やしてでも両親を説得して物を処分してあげることが年齢から物を管理する能力が低下していく両親の為でもあり、ゆくゆくは自身への負担軽減にも繋がります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、実家のごみ屋敷化を阻止する解決策について頂きました。
実家をきれいにするためには、どうしても両親との話し合いも欠かせません。

実家の片付けはいつか必ず直面します。
難しい問題ですが、暮らしてる両親の考えを尊重して、実家を綺麗にするために根気よく話し合いを進め両親が元気な内に一緒に実家を綺麗にしましょう!

0120370376