書類のオススメ整理整頓方法!

書類のオススメ整理整頓方法!

郵便物に、仕事で必要な資料など、書類関係は気づけばどんどん溜まってしまいますよね。
放っておくと後々、処分する際に大変な思いをします。

今回は、ゴミとして溜まりやすい書類のお勧めの整理方法について紹介していきます。

ゴミとして溜まりやすい

必要な書類は3種類

郵便物や仕事で使う資料など書類物は、基本的に残すべき書類は3種類に分けられます。

使用している書類

現在使用している書類は、当然残しておく必要があります。
必要な書類ですので常に使うようでしたらカバンの中などに常備させておきましょう。

今後使用する可能性が高い書類

緊急性はないが、今後定期的に必要となるであろう書類などは適正な場所に置いて保管しておきましょう。

契約書類

支払い照明証や、契約書など、あまり使用する事は多くはありませんが、いざという時に必要になるものに関しては保管期間を決めて大切に保存しておいて下さい。

すぐに捨てるべき書類

保管しておくべき書類について紹介しましたが、反対にすぐに捨てるべき書類についても紹介していきます。

チラシ類

うんざりするぐらいポストに投函されているチラシ。
これらはゴミでしかありません。

自分が必要だと思う情報は自分で取得する方が理想とする結果を得られるのでチラシで選別するよりも気になったものなどは自主的にリサーチしましょう。

レシート類

家計簿をつけてる家庭ならレシートは入力するまで保管すべきですが、基本的には不要、散らかっていく主な要因です。
何のためにレシートを保管してるのか理由が無い方は今すぐにでも処分すべきゴミです。

クレジットカードの明細書

クレジットカード会社によっては明細を送ってくれる会社もあります。クレジットカード関連の明細書はWEBで確認することが出来ます。

WEBでの照会が無いクレジット会社は無いといっても過言ではないぐらい対応しているので、書類として保管する必要なありません。
観たいと思った時にWEBを閲覧すればOKです。

電化製品の説明書

ついついこういった説明書類を保管しておくことがありますが、基本的に説明書は読まないことが殆どです。
近年直感で操作できる製品作りをどこの企業も心がけているので見ただけで大体操作は可能です。

もし久しぶりに使う電化製品で使い方を忘れたら、その電化製品の品番と説明書などで検索すると製造元の企業がその製品の説明書をWEBで公開しているので書類として保管してなくてもいつでも閲覧可能なのです。

スキャンして捨てよう

どうしても捨てるのを躊躇してしまうような書類等は、スキャンしてデータ化して保存しておくことを推奨します。
スキャナーは安価なモノなら5000円から入手可能です。

5000円で書類関係がすべて整理整頓出来るなら割安ではないでしょうか。
収納家具として本棚などを買ってスペースを圧迫するより、データとして保管してフォルダ毎にカテゴリ分けしてしっかり管理してる方が、使用する際も効率的なのでお勧めです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ゴミとして溜まりやすい書類のお勧めの整理方法について紹介させて頂きました。

必要な書類というのは限られていて、その書類関係もデータとして保管しておくとより簡潔に保管することが出来ます。
無駄な書類を増やさず、しっかりと管理するために是非今回紹介した方法を取り入れてみて下さい。

0120370376