ゴミ屋敷が周囲にかける迷惑とは?

ゴミ屋敷が周囲にかける迷惑とは?

部屋が汚いというのは、自分の生活空間の居心地が悪くなるだけと思っていたら大間違いです。
当人が実感しないところで、近隣住民にも多大な迷惑をかけてしまうのです。

今回は、部屋が汚いことで近隣に掛かる迷惑について紹介していきます。

ゴミ屋敷

自分一人だけの問題では無くなる

部屋が汚いというもの、ただ脱ぎ散らかしていて、小一時間も掃除をすれば綺麗になるといったレベルなら問題ありませんが、ゴミをベランダにため込んでいたり、生ゴミの掃除を怠っていたりすると実は自分だけの問題ではなくなります。

自身の怠慢から近隣住民にまで被害が及んでしまうのです。

悪臭による近隣への迷惑

ゴミを溜め込んでる家庭は悪臭の原因となります。
悪臭というのは部屋の中だけに留まらず、室外にまで広がっていることがあります。

害虫による近隣への迷惑

生ごみを長期放置していると、コバエが発生したり、ゴキブリやネズミなど害虫を引き寄せてしまう可能性が高くなります。
自分の家の中だけに害虫が出るなら自業自得で済みますが、水道管などのパイプは各家庭繋がっているので、ひとつ害虫が溜まるような場所が出来てしまうと、その被害は近隣にまで及んでいきます。

火災による近隣への迷惑

火事になってしまったら、もはや自分だけの問題では無くなります。
モノがあふれていると、火災の可能性は非常に高くなります。

抜けかけのコンセントの上に衣類が被さってそこから発火したり、調理中に火が燃え移ったりなど、客家の原因は様々です。

また一軒家だと庭などにモノを放置していると、タバコのポイ捨てが燃え移ったり、放火の被害に遭うリスクも高まります。

全ては清潔にしていれば防げる

紹介した、悪臭や害虫、火災に関する被害は、ゴミを溜め込まずに部屋を整理整頓していれば防げるものばかりです。
ゴミは決まった回収日に必ず出して、要らないものは早急に処分して、モノの入手と消費を均等にしていけば近隣に迷惑かけることなく、自身も快適に暮らす子ことが出来るので心がけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、部屋が汚いことで近隣に掛かる迷惑について紹介させて頂きました。

塵も積もれば山となるということわざ通り、部屋が散らかってる状態も、最初は片付けようと思ったらすぐに片付けることが出来るレベルでも、だんだんと手におえない状態になってしまうことは珍しくありません。

そうなった場合、自分自身だけでなく近隣にも迷惑が掛かるので、定期的に清掃して快適に毎日を過ごしましょう。

0120370376