これを把握しておけば風呂洗いマスター!お風呂清掃場所ごとのコツを紹介

これを把握しておけば風呂洗いマスター!お風呂清掃場所ごとのコツを紹介

多くの家庭が、スプレータイプの洗剤とスポンジだけでお風呂掃除を行っていると思いますが、実は、壁、浴槽、シャワーなどの場所ごとに適切な清掃方法があるのをご存知でしょうか?

今回は、お風呂掃除の際に役立つ場所ごとのコツを紹介させて頂きます。

お風呂清掃

お風呂場には異なった汚れが存在する

お風呂場といっても、場所によって溜まりやすい汚れの種類や、やりやすい清掃の仕方があります。
どこの場所にどのようなタイプの汚れがつきやすいのか、その汚れの種類によって洗浄の仕方が変わりますので、まずは、どこにどのような汚れがあるのか把握してから清掃を始めるととても最適にお風呂掃除を行えます。

浴槽の汚れの性質

いつの間にか汚れが蓄積してしまう浴槽。
まずは、浴槽につきやすい汚れの性質から、効果的な清掃方法を紹介します。

浴槽のヘリあたりにはアルカリ性と酸性の汚れが混在してます。
表面に固まるガンコな「水垢」はアルカリ性で、皮脂がそのままこびりついているならそこは酸性の汚れということになります。

浴槽の清掃をするには、一旦シャワーでお湯をかけ、汚れを浮かせてから浴室用中性洗剤とスポンジでこすり洗いをしてからしばらく放置します。

浴槽清掃のタイミングとしては、入浴の直後がもっともこびりつきが少なくスムーズに清掃ができるのできます。
入浴直後で清掃が難しい場合は、入浴後お湯を掛けるだけでも大分変ります。

洗剤を洗い流した後に、浴槽をスポーツタオルほどのサイズの乾いた布で乾拭きすると、水垢がつきにくくなりまたピンク色のぬめりの発生も抑えます。

クリームクレンザーで磨かないと汚れが取れない時がありますが、ポリ製の浴槽は傷つくことがありますので注意してください。
ステンレス製の浴槽は、傷つきやすいので、力任せに擦ったり目の粗いスポンジやクレンザーなどで洗わないように注意して下さい。

裏ワザ~重曹を入浴剤として溶かす

毎日の浴槽の清掃をラクにするには、重曹を入浴剤として使うだけで清掃は完了です。
皮脂汚れは「弱酸性」なので、重曹で「弱アルカリ性」になった浴槽のお湯が中和して一緒に流してくれます。

肌が弱酸性なのに、アルカリ性のお湯にして大丈夫?
と不安になる方もいると思いますが、美肌になれる温泉の多くはアルカリ性です。

しかし、あまり重曹の濃度を上げすぎないように注意はしてください。
ひとつかみ(おおさじ3杯)程度で十分です。

重曹を入浴剤として使った場合は、その残り湯を利用しますが、そうでない場合は、浴槽に残ったお湯に重曹を入れてからお風呂を出ます。
少し放置してから、お風呂の栓を抜くと汚れが落ち綺麗になります。

重曹をふりかけた部分が乾燥して白く跡が残ってしまった場合は、お酢を水で薄めた物をスプレー容器に入れ吹きかけて、タオルなどで拭きとると中和作用で綺麗に落ちます。

お風呂掃除は分散して行う

1日でお風呂場を隅々までキレイにしようとすると体力をとても使い、集中力もなくなり、細かい隠れた場所のカビを見逃したりしてしまいます。
また、まとめて清掃しようと先延ばしにして清掃の期間を空けるとガンコ汚れの原因にもなってしまいます。

ガンコ汚れをしっかり落とすとしても、作業を1日30分に限定して何日かに分けて清掃することで、細かいところまで丁寧に清掃ができます。
その後も習慣にすることで、「軽い汚れ」が「ガンコ汚れ」になる前に落とせます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、お風呂掃除の際に役立つ場所ごとのコツを紹介させて頂きました。

今回紹介させて頂いた裏ワザを活用すれば浴槽内の清掃はずいぶんと楽になる上に、肌も綺麗になるので一石二鳥です。是非試してみてはいかがでしょうか?

0120370376