汚風呂から脱却!らくらく&スピーディー誰でも出来る簡単なお風呂掃除術を紹介

汚風呂から脱却!らくらく&スピーディー誰でも出来る簡単なお風呂掃除術を紹介

毎日使うお風呂場は、毎日使うからこそ、人によってはお掃除を怠りがち。
油断してると直ぐにカビや、うろこ状の水垢が出来てしまいます。

お風呂掃除は意外と重労働で腕の力や腰に負担が掛かったりするのですが、実は風呂をカンタンに素早く清掃するコツがあります。
覚えておけば力を使わずに、こすらずにラクにお風呂の清掃ができるようになります。

今回は、誰でも出来る簡単なお風呂掃除術を紹介させて頂きます。

お風呂掃除

お風呂の汚れの種類

汚れには2種類存在し

  • 酸性の汚れ
  • アルカリ性の汚れ

があります。
お風呂で使う洗剤にも「酸性の洗剤」と「アルカリ性の洗剤」の2種類がありますので、反対の性質の洗剤を使うことで、汚れは中和されて落ちやすくなります。

皮脂や手あか、シャンプーの残りなどは「酸性の汚れ」なので、重曹やセスキ炭酸ソーダなど「アルカリ性の洗剤」を使用します(重曹やセスキ炭酸ソーダは、実際は「洗剤」ではないのですが、便宜上洗剤として表現しています)。

白く固まると頑固になる水あかや、石けんカスなどは「アルカリ性の汚れ」です。酸性のクエン酸などを使うと中和されます。
中和させた汚れは、こびりついていた状態から浮いた状態に変わり、軽い力で落ちていきます。

お風呂清掃の手順はまず中和から。
酸性か、アルカリ性か、汚れと洗剤の「性質」を覚えておくと、お風呂の清掃はグッと楽になります。

市販のお風呂洗剤の性質

汚れの性質をひとつひとつ見て洗剤を使い分けるのも大変です。
お風呂場は場所により「酸性の汚れ」「アルカリ性の汚れ」がつきやすい場所があります。

お風呂場は水場なので、水あか(アルカリ性)が発生する可能性は天井から壁の全てにあります。
皮脂など(酸性)の汚れは低いところに発生しやすくなります。

お風呂の清掃が難しいと感じてる方の多くは、酸性とアルカリ性のどちらか片方の洗剤しか使っていないか、もしくは中性洗剤のみを使っている可能性があります。

例えば重曹(アルカリ性)のみでは、水あか(アルカリ性)は落ちません。
また、クエン酸(酸性)だけでは皮脂(酸性)は落とすことはできません。

一般的に発売されているお風呂清掃用洗剤は中性が多いため、泡の力で落とすことが多いです。
この場合は中和させる力がないので、頑固汚れになってしまった場合には少し力が必要になるということです。

反対に適した洗剤を使うとゴシゴシと磨かなくても簡単に綺麗にすることが出来るのです。

風呂カビは酸性?アルカリ性?

ほとんどの菌は弱酸性ですが、お風呂で発生する黒カビや、ピンク色のぬめりなどは実は生きている菌なので、中和させるというよりも「除菌」することがメインです。

そのため、酸性かアルカリ性かの性質よりも、除菌・殺菌・漂白する重要です。
ハイターなど除菌、漂白に適したもをスプレー容器に入れて定期的に振りかけると効果的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、誰でも出来る簡単なお風呂掃除術を紹介させて頂きました。

汚れには種類があり、その汚れの種類に適した洗剤を用いて洗えば簡単に汚れは落とすことが出来るのです。
食器の油汚れに、衣類を洗う洗剤を使っても全然落ちないようにお風呂の汚れには汚れに適した洗剤を用いることで清潔にお風呂を保つことが出来ますよ。

0120370376