不衛生になりやすいエアコンの掃除方法

不衛生になりやすいエアコンの掃除方法

年間でエアコンを清掃する機会はどれくらいでしょうか?
年に1回あれば良いほうで家庭によっては数年に1度という場所が殆どかと思われます。

今回は、不衛生になりやすいエアコンの掃除方法について紹介していきます。

エアコン清掃

フィルターの清掃

エアコンを清掃するとき、もっとも汚れが気になるのがフィルターです。
フィルターを清掃する際、まず外す前に掃除機でフィルターについている埃を取り除きます。

先に清掃しておくことで、フィルターを外す際に落ちてくる埃を防ぐことが出来るのでお勧めです。
もし多忙でどうしても時間が作れないという方は、このフィルターの掃除機清掃だけでもエアコンから出てくる空気の質が異なるので年に一回でも行うこといいでしょう。

フィルターの素材は柔らかく薄いので取り外す際には注意が必要です。
フィルターを外し、再度掃除機をかけて埃を除去します。

ですが、掃除機のみできれいにすることは限界があるため、水洗いし陰干しするといいでしょう。
中性洗剤を利用して柔らかいブラシで汚れを落とすのも効果的です。

吹き出し口の清掃

フィルター清掃の次は、吹き出し口です。
吹き出し口を清掃する前に必ずコンセントを抜いておきます。

カビが生えやすい部分なので、手が届く範囲だけでも普段から拭き掃除をしておくと理想的です。
吹き出し口のルーバーを手で回して、布に中性洗剤を薄めた液を染み込ませ指で中をきれいに拭きあげていきます。

その後、水拭きで洗剤を拭き取ります。
全ての作業終了後に、コンセントを差し、電源を入れ乾拭きや送風でしっかり乾かしていきます。

市販のエアコン洗浄スプレーの利用

市販のエアコン洗浄スプレーでの内部清掃を行うのも効果的です。
利用する際には、それぞれの商品の手順で作業します。

使い方を誤ってしまうと、電装部分に洗浄スプレーしてしまったことにより、エアコン自体が故障してしまうこともあるのでしっかりと注意書きに目を通してから使用して下さい。

エアコン洗浄スプレーは上手に使えば自身でエアコン清掃が出来てお得ですが、一歩間違えれば故障してしまうリスクがあるのを考慮すると、プロのハウスクリーニング業者に依頼するのも1つの手です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、不衛生になりやすいエアコンの掃除方法について紹介させて頂きました。

エアコンの清掃は行ってみるとそこまで難しいことは無く掃除機でフィルターの埃を吸い取り、エアコンの風が出てくる羽根の部分をふき取ってあげるだけでOKです。

しかしそれ以上にホース内の清掃や、室外機も気になるという方はプロにお任せすることをお勧めします。

0120370376