「ゴミ屋敷」とはどんな家のことか徹底解説

「ゴミ屋敷」とはどんな家のことか徹底解説

「ゴミ屋敷」という言葉は、近年度々耳にするようになりました。
ニュースなど取り上げられたりしてるので知ってる方も多いかも知れませんが改めてゴミ屋敷のことを解説していきます。

今回は、ゴミ屋敷とはどんな家のことか紹介していきます。

ゴミ屋敷とは

ゴミ屋敷とは?

ゴミ屋敷とは、名前のとおりで、屋敷内がゴミ覆われてしまっている住居のことを言います。
ニュースで取り上げられているのは屋敷からゴミがあふれ出て近隣住民に迷惑を掛けているケースです。

ゴミ屋敷住民の特徴

ゴミ屋敷にすんでる住民の特徴としてまずあげられるのは「年寄り」です。
ゴミ屋敷にしてしまう人の多くは、高齢な場合で、老人が一人暮らしをしていて親族とも疎遠な方が多いようです。

年寄りはものを大切にするという考えが根付いていて、人から見るとゴミと思えるものも、捨てれずに抱え込んでしまうといったケースがよくあります。

ゴミ屋敷になってしまう理由

ゴミ屋敷になってしまう理由は住んでいる住民に原因がありそれ以外の理由はありません。
ゴミ屋敷の家主がゴミを捨てられないこの単純なことが理由です。

日常的に掃除をする人にとっては当たり前のことでもゴミ屋敷の家主にとっては捨てるというのは特別なことなのです。
ゴミが捨てられない、捨てるということがもったいなくて出来ない、これが繰り返されて次第にゴミ屋敷になっていってしまうのです。

ゴミ屋敷の家主は、飲み終わったペットボトル、トイレットペーパーの芯なんかも捨てれずに取っておいてしまいます。

ゴミ屋敷なった場合の対策

ゴミ屋敷は「年寄り」が多いと紹介しましたが、若い人たちも例外ではありません。
気が付けばいつの間にかゴミ屋敷になってしまったなんてことは珍しい話ではありません。

ゴミ屋敷なると近隣住民に迷惑を掛けるなど自分だけの問題ではなくなってきてしまいます。
少しでも自分で片付けるのが困難になってきた場合は、プロの業者に相談しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ゴミ屋敷とはどんな家のことか紹介させて頂きました。

ゴミ屋敷というのは人事ではありません。
1年後には、わが身ということも十分ありえます。

正しい認識を持ってもしもの時は、まず業者に相談してみましょう。

0120370376