ゴミ屋敷火災のリスク!なぜゴミ屋敷は火災を引き起こしやすいのか

ゴミ屋敷火災のリスク!なぜゴミ屋敷は火災を引き起こしやすいのか

メディアでも定期的に取り上げられる「ゴミ屋敷」。
足の踏み場も無いほど室内がゴミで覆われてる通常では考えられない状況のゴミ屋敷。

ゴミ屋敷には、様々なリスクがあります。
その中で最も最悪なケースは火災です。
今回は、ゴミ屋敷がもたらす火災のリスクについて紹介していきます。

ごみ屋敷火災

ゴミ屋敷は火災になりやすい

ゴミ屋敷には数多くのリスクがあります。
その中でもっとも悲惨な被害が火災です。

ゴミ屋敷から火が出たら最後。火はゴミに燃え移りあっという間に建物は全焼となるでしょう。
火災は気付かぬうちに発生してしまうこともあります。

火災で住居者が死亡するという事件も発生しています。

火災のきっかけとは?

ゴミ屋敷から火災になるきっかけは大きく3つあります。

  • タバコの火
  • ガスコンロを使った調理の際
  • 電気コンセント

タバコを吸わない人のとっては関係ないと思いがちですが、ポイ捨てから火が出てしまうことがあるので人事ではありません。
ガスコンロを使った調理も、日常的なことで油断しがちですが、ゴミが山ほどある中で調理をするというのは大変危険な行為です。

最後の電気コンセント、ゴミ屋敷ではこれが以外にも火災の原因となってしまうのです。
コンセントは、ほこりがきっかけで火花放電起きて火災に発展してしまいます。

ゴミ屋敷では、ゴミに埋もれてコンセントがどこにあるかわからない。
結果、火災に繋がってしまうのです。

火災になる前にプロに頼みましょう!

ゴミ屋敷は、一人ではなかなか解決するのは困難です。
そんなときは掃除のプロ「ハウスクリーニング」に清掃の依頼をしましょう。

もし火災なんてことになったら取り返しの付かないことになります。
最悪の事態になる前に、プロの手を借りて一気に終わらせてしまいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ゴミ屋敷がもたらす火災のリスクについて紹介させて頂きました。

ゴミ屋敷の持ち主は、何らかのきっかけで悪循環にはまり、劣悪な環境から抜け出せなくなっていることが多いようです。
ゴミ屋敷は火災になる可能性を十分に秘めています。

大惨事になる前にハウスクリーニングに相談してみましょう。

0120370376