実家を片付ける前に抑えておくゴミの仕分け方法

実家を片付ける前に抑えておくゴミの仕分け方法

家元から離れて上京してる方などは、どこかのタイミングで実家の清掃は、行わなければいけない行事ですよね。
不要なゴミやモノを捨てるのは比較的簡単ですが片づけを始める前に色々としっておかなければならないことがあります。

今回は、実家を片付ける前に抑えておくゴミの仕分け方法について紹介していきます。

実家を片付ける

実家の片付けは何から始めればいい?

実家を片付けようとしたとき、一人暮らしの家庭よりも大量のモノを目の当たりにして心が折れそうになるということがよくあります。
そんな大量のモノに目の前に片づけを始める際には4種類に分類するとスムーズに片づけが始められます。

片付ける際のゴミの仕分け方法

大量のモノを清掃する際には、4種類に分類するとスムーズに片づけが始められます。
まず簡単にその4種類を紹介させて頂きます。

これら4つに分類されます。

①自治体が回収してくれるゴミ
②リサイクルショップで買い取ってもらえそうなモノ
③相続すると財産として価値のあるモノ
④思い出があり捨てがたいモノ

処分するモノ

まず、先ほど紹介したモノの中で処分するべきモノは①と②です。
それぞれどういったモノが対象なのか詳しく紹介していきます。

①自治体が回収してくれるゴミ

可燃、不燃、資源、粗大ゴミなど自治体が回収してくれるゴミ。

②リサイクルショップで買い取ってもらえそうなモノ

家電、家具、食器、洋服、バッグ、本、貴金属などリサイクルショップで買い取ってくれるモノ

残すモノ

実家の片付けを行うにあたって残しておくべきものは③と④です。
それぞれどういったモノが対象なのか詳しく紹介していきます。

③相続すると財産として価値のあるモノ

現金、貴金属、株券、不動産関係の書類、美術品、家具など保管していて後に換金できるモノ。

④思い出があり捨てがたいモノ

写真や手紙、ランドセルやプレゼントや両親のアクセサリーなど捨てること、処分することに躊躇するモノ。
これらは10年単位でも大丈夫なので定期的に見直して保管するようにしておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、実家を片付ける前に抑えておく4つのポイントについて紹介させて頂きました。

実家を清掃する際には、モノを4つに分類してから取り掛かると清掃がしやすくなります。
実家の清掃を検討してる方は是非今回紹介した内容を試してみて下さい。

0120370376