清潔な布団で寝るために心がけること

清潔な布団で寝るために心がけること

ふわふわで、清潔なお布団で眠ると朝までぐっすり眠る事ができます。
その反面、久しく干されてもなく、洗われてない布団だと、ジメジメ湿気ていて気になって眠った気がしなくなります。

お布団は常に清潔に保ちたいですよね。
今回は、清潔な布団で寝るための注意点を紹介していきます。

清潔な布団

お布団の洗濯の前に確認すること

お布団は洗えないイメージがありますが実は洗濯機で丸洗いすることが出来ます。
布団を丸洗いする際に注意すべき点を紹介していきます。

①洗濯機の許容量の確認

5キロの容量で洗える洗濯機は、シングルサイズの肌掛け布団及び敷パッド1枚が目安です。
7?8キロ用の洗濯機では、シングルサイズの掛け布団やセミダブルサイズの肌掛け・合い掛け布団・敷きパッド1枚ずつが目安です。

②洗濯タグの確認

お布団に限らずいえることですが、必ず洗濯前には洗濯タグを確認することが大切です。
自宅で洗濯できるものには、必ず、洗濯機のマークか手洗いのマークが描かれてます。

ドライマークや水洗い不可のばつ印が付いている場合は、家庭では洗濯できませんので、クリーニングに持っていきましょう。
タグの確認をせずに洗い、結果的に羽毛が潰れてしまったり、きちんと乾かず生乾き臭が残ってしまったりするので注意が必要です。

③適した洗剤を使う

タグ確認の際に一緒に注意書きも見てください。絵表示に中性の文字がある場合、おしゃれ着用の洗剤が適しています。
中性の表示がない時は通常の洗濯で使用している洗剤で問題ないのですが、蛍光剤配合の洗剤は色落ちなどの原因になるので注意が必要です。

羽毛布団はケラチンというタンパク質が主成分ですので、アルカリのようなタンパク質を溶解する洗剤は使用できません。
必ず、おしゃれ着用の中性洗剤を使ってください。

お布団の洗い方

お布団を洗う際に事前準備として、大きめの洗濯ネットを用意してください。
そのまま洗濯してしまうと布団を傷つけてしまう可能性があります。

洗濯ネットに入れる時は、布団を縦に3つ折りにし、その後に空気を抜くようにくるくる巻いてコンパクトにしてから入れると入れやすいです。
また、先に洗剤を溶かしておくことをオススメします。

洗濯のコースは、毛布洗いかドライコースを選びましょう。
専用のコースを使う事で生地に優しい洗い方になったり、洗剤液を綺麗に浸透させる事が可能になります。

また、標準コースで行った場合、洗濯槽の回転で布団が飛びだし、洗濯機の故障の原因になることがあります。
手洗いマークのお布団や洗濯機に入りきらないサイズのものは浴槽を利用して洗濯するのがオススメです。

脱水機が使えないため、洗濯するのは晴天が続くときにするといいです。
洗濯方法は、まずシャワーをかけ、表面の軽い汚れを洗い流します。

その後、浴槽の中に半分程度の水かぬるま湯を入れます。
洗濯機の時と同じく、先に洗剤を入れてよく溶かしておきます。

その後に、お布団をまんべんなく足で踏んで汚れを落としましょう。
水が汚れてきたら新しい水に替えて、2~3回程繰り返してすすぎます。

終了後は30分~1時間ほど浴槽のふちにお布団を掛けて水分を抜きます。
洗濯が終わり、ある程度水分が抜けたら、すぐに天日干します。
濡れたまま長時間放置しておくと、中の素材の片寄りやシワの原因になります。

干す際、ホームセンターなどで売られている布団スタンドを使うと便利です。
また、浴槽でお布団を洗った場合はきちんと脱水されないことが多いため、水滴がかなり垂れる可能性がありますので、濡れた床を拭くための雑巾など事前に用意しておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、清潔な布団で寝るための注意点を紹介させて頂きました。

自宅ではないなかなか洗えず、クリーニングに出すのも高くて躊躇してしまうそんなお布団も自宅で比較的手軽に洗濯できるので是非気になる方は挑戦してみてください。

0120370376