【危険】ゴミを溜め込むとコバエが大量発生する!

【危険】ゴミを溜め込むとコバエが大量発生する!

台所の流しのシンクを毎日綺麗にしている人はすくないのではないでしょうか。
多くの人は、ゴミ出しの日にまとめて生ゴミを捨てるという人ばかりだと思います。

しかし、そのゴミ出しの日もあやまって捨てるのを忘れてしまったら大変なことになるかもしれません。
今回は、生ゴミとコバエの関係性について紹介していきます。

コバエ

コバエは生ゴミに群がる

コバエは、腐ったものに群がるといった習性があります。
なので、生ゴミはコバエにとってオアシスなのです。

生ゴミは、生な上に、キッチンシンクに放置されるので水にぬれて腐敗を加速させます。
コバエが発生する原因は、生ごみの管理を怠ったケースが100%といっても過言ではありません。

卵はその日に生まれる

コバエは生ゴミに卵を植えつけます。
その卵は最短半日で孵化します。

そして大人になって飛び回るまで1週間~10日ぐらいと物凄く短期間で成長していきます。
この短期間で増加するので生ゴミの処分を少しでも油断するといつの間にかコバエの温床になってしまいます。

コバエを発生させない方法

コバエは生ゴミに住み着き群がるので生ゴミの小まめな処分がコバエを呼び込まない最大の対策です。
生ごみはそのまま放置しておかないで小まめに捨てることこれさえ守っていれば、コバエはそうそう室内で見かけることはありません。

また、料理した際に生ゴミを毎回ビニール袋などでしっかり縛ってゴミ袋に入れて進入を防ぐという方法も得策です。
放置するゴミの中で生ゴミは一番害虫を呼び込む栄養素なので絶対に処分を怠らないように心がけてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、生ゴミとコバエの関係性についてく紹介させて頂きました。

コバエは、生ゴミに群がります。1週間、2週間と生ゴミを出さないといつの間にか部屋中にコバエの大量発生といった取り返しのつかない事態になりかねません。

コバエが飛んでると思ったら一大事です。
早急に殺虫剤を散布するなど対策を練って清掃に勤めましょう。

0120370376