ゴミ屋敷条例が全国的に展開中!その制定内容とは?

ゴミ屋敷条例が全国的に展開中!その制定内容とは?

東京都足立区でゴミ屋敷に関する条例が決められたことをきっかけに、全国的にも次々と各所でゴミ屋敷に対する条例が決まっていきました。
深刻化するゴミ屋敷とその役所が定めた条例とは?

今回は、ゴミ屋敷条例に関することとその内容について紹介していきます。

ゴミ屋敷条例

ゴミ屋敷によるトラブル

最近、ゴミを捨てずに貯め込んでいる「ゴミ屋敷」が全国で次から次に増えて自治体が対応を急かされています。
急がされている理由には、ゴミ屋敷は近隣への悪影響が多大にあることが背景にあります。

異臭、悪臭、害虫、火災など生活環境や命の危険すら近隣住民を脅かすのです。
ゴミ屋敷が漏電して火災に発展なんてことになったら物件所有者や隣の住まいのにも計りしれない迷惑がかかります。

ゴミ屋敷は簡単には解決出来ない

ゴミというのは持ち主が「これは価値があるモノだ」と言い張れば、財産なので勝手に処分することが出来ません。
これが問題をややこしくしています。

100万円するロレックスの時計なんかもこれはもうゴミだ言い張る人にはゴミですし、食べ終わった弁当の容器もこれは食器として活用するから取っているんだと言い張れば価値あるモノなのです。

そして現在、ゴミ屋敷を直接罰する法律はありません。
ゴミ屋敷をどうにかするのはそれぞれの市区町村で条例がないと対応できないのです。

法律がないので、条例を設けてゴミ屋敷に対する強制力を制定する必要があり現在全国各地で条令が制定されていっています。

ゴミ屋敷条例

各地で若干内容は異なるものの、ゴミ屋敷条例の基本は近しいものがあります。
その条令とは、第三者から見てゴミが蓄積していた場合、注意勧告し、それに従わなければ強制撤去を行う。その強制撤去費用はゴミ屋敷の居住者が支払うといったものです。

注意勧告等手順や期間にムラがあるものの、どこの市区町村もベースはこれです。
しかしまだまだ対応が後手に回っておりさらに取り締まりや条例は厳しいものになっていくでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ゴミ屋敷条例に関することとその内容について紹介させて頂きました。

こうした条例が制定されるというのは問題が、ゴミ屋敷というのがとても深刻な問題で近隣にも被害が及ぶからです。
全国でゴミ屋敷問題が深刻化しています。

もし身内がゴミ屋敷化したら強制的に清掃するようハウスクリーニングなど業者を呼んで問題の解決に取り組んで下さい。

0120370376