ゴミ屋敷増加中!原因は少子高齢化やご近所付き合いが原因だった

ゴミ屋敷増加中!原因は少子高齢化やご近所付き合いが原因だった

知らない内に近所の一室がゴミ屋敷に発展するほどゴミで溢れてるという事実を信じますか?
それは、近所の一室でゴミが溜まり、次第に自分自身もゴミを捨てる事を怠りいつの間にか自分自身の住まいがゴミ屋敷にといったことになる可能性は十分にありえます。

その原因、実はご近所付き合いが原因の一つなのです。
今回は、ゴミ屋敷とご近所付き合いの関係性について紹介していきます。

ゴミ屋敷増加中

ご近所付き合いの過疎化

ゴミ屋敷とご近所付き合いの関係性と聞いても、ご近所付き合いなんて自分には無いと思われる人が多いと思います。
そのご近所付き合いが過疎化してるのがゴミ屋敷を生みだす原因なのです。

隣近所や親類と交流が盛んだった時代にはゴミ屋敷と呼ばれる家は、近年ニュースで取り上げられるほどそこまでの数はありませんでした。
隣近所付き合いが過疎化した現代でゴミ屋敷というのは急激に増加の一途をたどっています。

来客が来ないことや、指摘してくれる人が居ないのでOKとするハードルがとても低くなってゴミ屋敷に発展していってます。

少子高齢化もゴミ屋敷の要因

各地の田舎で問題になっている少子高齢化ですが、少子高齢化もゴミ屋敷生み出します。
気がつけば自身の両親がモノを捨てられずゴミ屋敷になってしまっているなんてこともありえます。

原因は、目の行き届いてないということが最大の要因です。
近所付き合いや、少子高齢化も第三者の目が無いことに共通します。

これはダメだというのを指摘されないと堕落してゴミ屋敷になってしまうのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ゴミ屋敷とご近所付き合いの関係性について紹介させて頂きました。

社会から孤立している人は意外にも多く、孤独な人は誰も人が来ないし忙しく掃除の時間が取れないといったことでゴミ屋敷化するケースが増加傾向にあります。

掃除しないでいると、家の中の空気もよどみ、さらに無気力になるなど悪い影響も出てきます。
機会があれば積極的に人を自宅に招いて掃除をするきっかけや、他人の物差しで自宅を計ってもらう機会を設けましょう。

0120370376