ゴミになる保冷剤の以外な使い道!

ゴミになる保冷剤の以外な使い道!

ケーキなどの洋菓子を美味しく食べてもらうためにお店側が包みの中に保冷剤を入れてくれる事があります。
この保冷剤なのですが、何かの時に使えないかと冷蔵庫に保存しがちですが、そんな何かの時というのが訪れるのはあまり無く、いつの間にか冷蔵庫の中に無数の保冷剤が溜まっていたりしますよね。

今回は、保冷剤の使い道について紹介していきます。

保冷剤

保冷剤の性質

保冷剤は口に入れてはいけないという注意書きがされていて危険なモノが入っていると思ってる人が大半だと思います。
しかし、意外とそこまで危険なものは入っておらず、90%が水 10%がゲル状にする為の薬品などが入っているぐらいで、誤って飲み込むことがあっても少量であれば特段問題無いほど、危険では無いのです。

保冷剤再利用方法

保冷剤を開封して出てくる中のゲルは消臭剤活躍する際利用方法があります。
ビンの中に保冷剤の中のゲルを入れてお好みのアロマオイルを入れるだけで消臭剤の完成です。

たったこれだけで作れるので、とても簡単。
もし家に保冷剤が大量に余ってたらその数分消臭剤が作れるのでアロマオイル費だけしかかからないので買うよりもお得です。

水分が蒸発してカラカラになったら、また水とアロマオイルを足して、何度か再利用が可能です。
他にも、植物の水やりに使う事が出来ます。

保冷剤を開封して出てくる中のゲルは90%が水なので、そのまま植物の上に出して放置すれば少しずつ水分が滲み出てきます。
保冷剤1つで2~3日植物の水やりを行わなくてもOKになるので、保冷剤が余ってるなら是非やってみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、保冷剤の使い道について紹介させて頂きました。

保冷剤は、多くの自治体で可燃ゴミとなりますが、燃やすためにはエネルギーをたくさん使います。
捨てずに別の方法で活用してゴミを減らすことで環境への悪影響少しでも減らして是非、社会貢献に目を向けて下さい。

0120370376