ゴミを出さない生活。ゴミゼロチャレンジ!

ゴミを出さない生活。ゴミゼロチャレンジ!

ゴミを出すというのはそれだけで地球にとって悪影響を及ぼします。

燃やすというエネルギー消費
燃やしたことによって起こる環境汚染
リサイクルに掛かる費用

何をとってもマイナスな要素しかありません。
地球にやさしい生活をするエコチャレンジが、オーガニックを好む海外でジワジワとブームになってきています。

今回は、ゴミを出さないゴミゼロチャレンジについて紹介していきます。

ゴミを出さない

ゴミゼロに出来る?

1週間でもゴミをゼロに出来るか?想像してみてください。
どうでしょうか。とてもじゃないですが難しいですよね。

買物をしたら食品は丁寧にラッピングされていたりレジ袋を貰ったりと、ゴミに繋がる物を多く受け取ります。
ですが、世界ではゴミゼロ生活を実際に行なって長年続けている方がいます。

ゴミゼロ生活第一人者ベア・ジョンソン

ゴミゼロ生活の第一人者といえるのがベア・ジョンソンさんです。
ベア・ジョンソンが書いた『ゼロ・ウェイスト・ホーム』という本がゴミゼロ生活のススメとして世界で高い評価を受けています。

この本は、環境保護・エコ・ミニマリスト・自然派・節約に興味がある方ならお勧めです。
海外の方なので一部納得の出来ない習慣もあったりするのですが、それでも家族4人で暮らしてて一年間のゴミの量が350mlのジュース缶程度の空きビン一つだけというのは衝撃的で、ゴミゼロ生活への取り組みの真剣さを物語っています。

ベア・ジョンソンさんはインスタグラムなどもやっているので是非覗いてみてください。

ゴミゼロ生活は一歩ずつ

ゴミをゼロにする生活はとてもじゃないですが難度が高く、全ては真似することは難しいでしょう。
しかし、レジ袋をエコバックなどに切り替えて少しずつでもゴミになる物の受け取りを拒否していく事は可能です。

エコバックはゴミゼロ生活を行うにあたってとても重要で、スーパーで野菜を買わずに八百屋で買えば、野菜は安く、量が多く、袋も無しで手に入れることが出来る事が多々あります。

他にも、洗剤などもボトルを持って行けば灯油のように給油出来るショップなどもあったりと時間を掛ければ日本でもゴミを少しずつ減らしていく事が可能です。

まずは、レジ袋を受け取らずに済むエコバックから手にとってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ゴミを出さないゴミゼロチャレンジについて紹介させて頂きました。

ゴミが出ない暮らし方が広まれば、企業がパッケージの作り方や商品開発の方向を転換することにつながるかもしれません。
燃やされたり埋め立てられたりして環境汚染に繋がっているゴミを少しでも減らすのは素晴らしい事です。

是非ゴミゼロチャレンジを意識した生活に挑戦してみてください。

0120370376