フードロス(食品廃棄)を減らす

フードロス(食品廃棄)を減らす

自炊をされてる方なら、毎日といっていいほど必ず出るフードロス(食品廃棄)。
ロスになるには色々な理由があるのですが、どうせなら100%使い切りたいですよね。

出来る限りロスにしないように気を付ける方法について。
今回は、フードロス(食品廃棄)を減らす方法を紹介していきます。

フードロス

フードロス(食品廃棄)の原因とは?

買い込んだ食品がフードロス(食品廃棄)になる理由は色々ありますよね。
忙しくて、使いきれずに痛んでしまう。

食材の存在を忘れてしまって賞味期限、消費期限が過ぎて捨てなくてはいけなくなる。
まだまだストックがあるのについつい買い込んでしまう。

これらが積み重なってフードロス(食品廃棄)に繋がります。

フードロス(食品廃棄)を防ぐ方法

お金を出して買ったモノは100%活用して消費したいと誰もが思うことだと思います。
その為には、原因となる買い込み過ぎはまず無くしましょう。

ついつい買いだめ癖がある方は、まず自宅にある食材を使い切ってから、その後食材の購入を検討する事をオススメします。
そして忙しくて食材を痛めてしまう方は、フードロス(食品廃棄)を防ぐレシピを身につけましょう。

食材が痛みそうなとき、痛むかも知れないと思ったら簡単なレシピで消化するとフードロス(食品廃棄)を避ける事が出来ます。
簡単なレシピをいくつか紹介していきますね。

具だくさん味噌汁

みそ汁の中に余った食材を細かに切って具だくさんの味噌汁に作り替えてしまうのです。
少しずつ残っている野菜、または大量に残っている野菜、余っているハムやベーコン、肉、魚賞味期限の近い物などをまとめて味噌汁にしてしまえば、傷む前に使い切れて温めるだけで直ぐに摂取出来るので手軽です。

炊き込みご飯

味噌汁より難度が若干上がりますが、一度覚えてしまえば簡単です。
ご飯を炊く際に米の上に具をのせて、醤油、酒、塩を的量入れ、分量まで水を入れて炊飯すれば、簡単に出来上がります。

炊き込みご飯は色々な味付け方法があるので興味がある方は調べてみるといいでしょう。
ご飯を炊くついでに使って無かった食材もまとめて熱を通せて、そのままご飯といっしょに食べてるので、こちらもとても手軽です。

具だくさんカレー

食材消費レシピの代表カレー。
余ってる具材を細かに切ってルーに混ぜることで、食材をたくさん使うことができます。

味にも深みが出て美味しく。
出来あがったモノをタッパーに入れて凍らせれば保存も利くのでまとまった時間が出来たら具だくさんカレーを作って保存しておくのがお勧めです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、フードロス(食品廃棄)を減らす方法を紹介させて頂きました。

忙しくて、いろんな野菜を使い切れずに、少しずつ残っていて食材が痛んでロスになるのを減らすには、フードロスを減らすレシピを身につけるのが一番です。
出来る限り捨てずに100%に近い消費で食材を活用してロスを減らしましょう。

0120370376