覚えて欲しい言葉、ゴミを減らして活かすための「3R(スリーアール)」

覚えて欲しい言葉、ゴミを減らして活かすための「3R(スリーアール)」

環境 3Rという言葉は殆どの方が忘れてしまっていると思いますが、実は小学生の頃に多くの学校で教えられるのですが大多数の方が忘れてしまいがちです。

今回は、ゴミを減らして活かすための3Rについて紹介していきます。

スリーアール

3Rとは?

3Rとは、3つのRがつく単語から成っており

  • Reduce リデュース
  • Reuse リユース
  • Recycle リサイクル

の頭文字Rをとった言葉で地球の資源をムダにしないで繰り返し使うことゴミ削減、再利用、再資源化への取り組みを推奨する言葉です。

全国にお店を展開しているブックオフは、読み終わった本を売って、その本を欲しい人がまた手に取るというサービスを行っており3RのReuse リユース再利用を推奨している企業と言えます。

余談ですが、中古品を買い取って販売するお店をリサイクルショップといいますが、実はリサイクルショップでは無く、正しくはリユースショップなのです。

3つのRへの取り組みが環境を変える

3Rへを意識した暮らしが環境を良くしていきます。
3Rで意識すべき事をそれぞれ分かりやすく紹介していきます。

Reduce リデュース

無駄なものは手にとらない、レジ袋を断ったり、必要以上に買物をしないことがゴミの削減に繋がります。

Reuse リユース

一度使ったモノをゴミとして処分せずに、必要としている人の元へ届くように中古買い取りショップやオークションなどで手放して繰り返し使ってもらう。

Recycle リサイクル

使い終わったものをもう一度資源に戻して再利用すること。
端的にまとめるなら、無駄な買い物はしない、使い終わったら可能な限りまた使ってくれる人へ譲る。ゴミを分別することが3Rへの取り組みになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ゴミを減らして活かすための3Rについて紹介させて頂きました。

3Rのひとつひとつ意味は違うのですが、全てに共通しているのは、地球の資源をムダにしないということです。
必要以上に買い込まず、自分が必要なくなったものでも、どこかでそれを使ってくれる人がいるので手間かもしれませんが再利用してもらうために中古買い取りショップへ連絡して引き取ってもらってください。

お店によっては家まで集荷に来てくれるところが多くあるので便利ですよ。

0120370376