食品ロスを個人レベルで対策する方法とは?

食品ロスを個人レベルで対策する方法とは?

まだまだ食べられるのに捨てなければならない食品であったり、賞味期限切れや食べ残しなどによって食材が捨てられることを食品ロスと言い 日本では、この「食品ロス」が深刻な社会問題となっています。

規模の大きい社会問題で、企業側の対策が問われることではあるのですが、個人でも食品ロスに対して動き出す事は可能です。
今回は、食品ロスを個人レベルで対策する方法について紹介していきます。

食品ロス

半分は、家庭から出ている

食品ロスは、企業から出ているものが多いと思いきや実は全体を見てみるとその半分が家庭から出ているモノが殆どとされています。
企業側は、ロスが出ると当然企業の赤字なので赤字を極力出さない様に販売集計を取ってデータに基づいて廃棄の軽減に努めていますが、個人宅では、このような事はしません。

偶然安売りに遭遇したので買ったが、使いきれずに腐らせて廃棄になってしまったというケースが実はもの凄く多いのです。

食品ロスを個人レベルで対策する方法

もの凄くシンプルな事なのですが、食品ロスを個人レベルで対策する方法は過剰に買わない事です。
過剰に買い溜めし過ぎてしまうことから使いきれずにロスが生じてしまいます。

冷蔵庫の中身をきちんとチェックして必要なモノを必要な量だけ購入することを心がけて急な外食を重ねて食品を腐らせたりしない様にすることがもっとも重要です。

また、冷凍庫で凍らせて保存するという方法もとても有効的です。
ごはんも炊飯器で放置するのではなく凍らせて保存して食べるときにレンジで温めれば炊飯器の中で腐らせるということを防ぐ事が出来ます。

食品を管理する上でも冷凍庫はどんどん活用しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、食品ロスを個人レベルで対策する方法について紹介させて頂きました。

実は、全体を通して食品ロスの半分は、家庭から出ているのです。
なので1人1人が家庭での食品ロスを減らす事が大きな改善に繋がるのです。

食品ロスを回避することを意識すると無駄な出費も減らす事が出来るので是非取り組んでみてください。

0120370376