日本はゴミの分別に厳しい?海外と日本を比較

日本はゴミの分別に厳しい?海外と日本を比較

外国人にとって右側通行であったりエスカレーターのマナー等、日本はルールが多すぎると感じる事が多々あるそうです。
その中でもごみの分別は厄介で難しいとのこと。

今回は、海外と日本のゴミの分別の違いについて紹介していきます。

ゴミの分別

日本はゴミを分別する

日本で生活する人は誰でも、ゴミを分別して出す事を理解しています。
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ごみ、粗大ごみなど

役所が指定する分別方法でゴミを出す事が当たり前です。
そして、ゴミを回収する曜日も決まっています。

間違った日に間違ったゴミを出せばゴミを持って行ってもらえません。
日本で生活する我々にとっては当たり前のことなのですが、日本のゴミ捨てに関するルールの細かさは世界トップクラスと言われています。

海外のゴミ出しのルール

海外でもゴミ出しのルールが細かいところはあるのですが、日本と大きく異なるのは回収日です。
日本では燃えるゴミは週2回取りに来てくれますが、海外では週1回のところも珍しくありません。

そして、日本ではゴミを分別しますが、シンガポールやエジプト、マレーシア、ウクライナなどではゴミを分別せずに出す国が多くあります。
ゴミを分別せずに出す国は、日本に来た際、慣れない事をするのでごみの分別は厄介で難しいと感じるようですが、日本のゴミを分別する文化はとても好感を持たれてる様です。

  • ゴミを分別するルールが決まった日本の方がいい。
  • 国民でエコに取り組んでる事に尊敬する。
  • 日本のゴミ出し習慣は環境に優しいと思う。
  • 日本はやり過ぎとも思いますが、エコなのでやるべきだと思います。
  • ゴミを出す際のシステム化(粗大ごみにはシールを張るなど)されていることに驚きました。

など、いいルールだと思うという声が多く上がっています。
日本が綺麗なのは、ルールを守ることで綺麗な街を保っていると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、海外と日本のゴミの分別の違いについて紹介させて頂きました。

文化の違いで他国と日本で差があるのは当然なのですが、我々が当たり前に取り組んでいるゴミを分別して出すということは世界水準ではとても細かく国民の多くが出来ているのは素晴らしいという評価をされているようです。

分別することによって環境問題の解決にも繋がるので、今後もしっかりと分別してゴミ出しを行いましょう。

0120370376