溜まりやすい本を減らす効果的な方法!

溜まりやすい本を減らす効果的な方法!

ゴミという訳ではありませんが、本や漫画などのコミック本は、読み返すかもしれないもしくは、読み返すからといった理由で溜め込みがちです。

もちろん何度も読み直すというのは悪い事では無いのですが、もし読まずに数年保管しているのなら、それは読み返すかもしれないという理由でスペースを無駄にしてることになりませんか?

今回は、本を効率よく消化していく方法について紹介させて頂きます。

溜まりやすい本

本は破りながら読む

コレクションしたいような本は別ですが、自己啓発のような自分の成長に繋がる本は破りながら読む事をオススメします。
破りながら読むと、質量がどんどん減っていっているので読み終わると同時に一冊部屋から無くなるのです。

自己啓発系の本は同じ本を何度も読み直しても自分の成長には限りがあります。
1つの本を読んで得られるモノは、何度読みなおしても最大値に変わりはありません。

例えば、その本を読むと10の知識が得られるとして、1回目読んだところ8しか理解出来ず。2回読んだら10まで理解出来た。
このことに時間を割くよりも、別の本を読んで8の知識を得た方が数値的には高いものになります。

読まない本はゴミ同様

読まずに積み上げてる本は、着ない服同様に無駄にスペースだけを取ってるだけの不要品です。
スペースは有料です。

6畳の間取りの賃貸で月家賃が6万円なら1畳1万円の価値ですよね。
積み上げてる本、着ない服などに1畳分のスペースを開放してたらそれは毎月1万円無駄にしてる事になりますよね。

それらが無ければもっと省スペースの賃貸でも良いので、使って無い不要品を整理するともっと省スペースの賃貸に引越して年間の出資を抑える事が出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、本を効率よく消化していく方法について紹介させて頂きました。

本を破りながら読むと残さないので部屋に積み重なっていくことを防げます。
そして、また読むかも知れないという2度と来ないシュチュエーションの為にスペースを無駄にしなくていいのです。

もし、心に刺さったページがあったらそれは保存して必要期間の間保管すればいいので1冊と数ページだと容量が圧倒的に少ないので後者がオススメですよ。

0120370376