ゴミ屋敷にしないための6つの防止対策!

ゴミ屋敷にしないための6つの防止対策!

一度ゴミ屋敷まで行かずとも部屋を壮大に汚くしてしまった方は、再度そのような事態になる事は絶対に避けたいですよね。
再び散らかった部屋にならないように再発防止の為の対策を取れば、それもしっかりと防ぐ事が可能です。

今回は、ゴミ屋敷にしないための6つの防止対策ついて紹介させて頂きます。

6つの防止策

簡単に出来る防止対策

ゴミ屋敷、散らかった部屋というのは考え方や習慣を変えれば必ず防ぐ事が出来ます。
その防止対策もとても簡単で6つの事に気を付ければOKです。

①ゴミ捨てスケジュールを把握する。

当然ですが、ゴミは捨てなければ溜まっていきます。
なので、ゴミを出して良い曜日をしっかりと把握しておきましょう。
それさえ、把握していれば毎週決まった日にゴミを出す癖が身に尽きます。

②使って無いものは思いきって捨てる。

買ったは良いけど、ずっと着てない服が押入れに入ったままという方は、思いきって捨ててしまいましょう。
まだ着るかも、また使うかもという瞬間は何年も訪れる事はありません。
思い切って捨てて無駄な買い物を今後しない事を心に誓いましょう。

③定期的にお客さんを呼ぶ。

1人で暮らしてるとどうしても、室内は清掃を行って散らかりがち。
可能なら定期的にお客さんを招き入れて下さい。それが掃除をするきっかけになります。

④ゴミ箱は数個設置する。

ゴミを捨てる場所が少ないと、取り合えずといった意味でゴミを適当なところに放置しがちです。
ゴミを捨てる場所は必ずゴミ箱と定めて1つで足りなければ複数個ゴミ箱を置いてゴミ箱にのみゴミを捨てる習慣を身につけましょう。

⑤ストックを買わない。

ついつい、予備やストックといった意味で買物をしがちですが、その多くは使いきれないまま放置される事がとても多くあります。
本当に必要になったら買う、予備やストックは買わないという生活をすると使わないまま放置されるものを生み出す事を防ぐ事が出来ます。

⑥掃除をする日のルールを決める。

毎日掃除をするというのは、時間も労力も掛かるので継続出来る人はなかなか居ません。
本当は10分でも毎日掃除に時間を割くと理想的なのですが、それが難しい方は、週に2回でも掃除をする日を設けてその日は1週間で気になった所を徹底して清掃するといった取り組みを行ってみてください。

これらが出来れば部屋は、ゴミ屋敷、散らかった部屋といった事になる事はありません。

早めに業者に連絡

もし、部屋の状態が怪しくなってきたら早めに清掃業者に連絡しましょう。
早めだったら費用も安く済みますが、ゴミ屋敷ぐらいの規模になると金額も数十万といった高額な料金になってしまいます。

問題は早期解決をが一番です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ゴミ屋敷にしないための6つの防止対策ついて紹介させて頂きました。

ゴミ屋敷は絶対に防ぐ事が出来る問題です。
紹介した6つの防止対策でゴミ屋敷になるのを防ぎましょう。

0120370376