【ゼロ・ウェイスト】ゴミを出さないことが環境を守る!

【ゼロ・ウェイスト】ゴミを出さないことが環境を守る!

ゼロ・ウェイストという言葉をご存じでしょうか。
簡単説明するとゴミを出さない生活を意識してる方のことを指します。

モノを持たない生活をする人をミニマリストといいますよね。それと似たようなものだと思って下さい。
ゼロ・ウェイストは、無駄・ゴミ・浪費をなくすという意味でゴミをどうするかではなく、そもそもゴミを生み出さないようにしようという考え方です。

今回は、ゴミを出さないことが環境を守ることについて紹介させて頂きます。

ゼロウェイスト

最初からゴミを出さない

ゴミを無くす、減らす取り組みを3R(スリーアール)と言います。
リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)。

これらの3つの頭文字と取って3R(スリーアール)と呼んでいます。
3R(スリーアール)の中で一番大切なことは、ゴミになるものを減らす取り組み、つまり、リデュース(Reduce)です。

最初からゴミが少なければ、再使用する必要も、再資源化する必要も無いですよね。
リデュース(Reduce)の第一歩は、買う前にそれが本当にに必要かどうかをよく考えることです。

安いからといって沢山買ってしまったり、思いつきで買いものをしたりすると、結果として、本当は要らなかったものがゴミになります。
タダで手に入るとしても、必要の無いモノであれば手に取らないことです。

特に食品は、消費期限や賞味期限が決まっています。
計画的に買わなければ、期限が過ぎてゴミになってしまう可能性があります。

容器包装のゴミを減らす

買いものをすると、ほとんどの商品が包装されています。
多くの場合、この包装は、家に持ってかえった時点でその役目を終えます。

包装のゴミにはレジ袋も含まれます。
これを減らすためには、マイバッグを持って買い物する方法です。

製品を作ってる企業の中には、リデュースに熱心に取り組んでいるところもあります。
家庭用の消耗品を作る企業では、詰め替え製品を作ることによって無駄な容器を減らす取り組みをしているところが増えてきています。
洗剤やシャンプー、ボディソープなどがその代表です。

また、日本ではまだ目にする機会が少ないですが、一部の化粧品店や酒屋の中には、お客さんが持ち込んだ容器にシャンプーやお酒などを必要なだけ入れて売る「図り売り」という方法を取っている店舗もあります。

壊れにくい商品を選ぶ

ゴミを減らすためには、出来るだけ長持ちするものを買うことも大切です。
使い捨ての商品を出来るだけ避けて、少々値段が高くても品質のよい、寿命が長いものを選ぶことをお勧めします。

例えるなら、レザー製品の物も、合皮を購入すると安価ですが安っぽく軽薄な見た目で1年弱で破れるなんてこともありますが、本皮製品なら割高ではありますが高級で重厚な見た目で10年、20年使い続けることが出来ます。

寿命が長ければ、それだけ長い期間使い続けることができるので、ゴミの発生を抑えられることになります。
また、修理の態勢をととのえ、製品の寿命を長くすることもリデュースのひとつです。

若干割高な出費にはなりますが、1年単位で安物を買い、使うのと良いものを長年使うのでは後者が自己の満足度や、他者への影響含めてお勧めです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ゴミを出さないことが環境を守ることについて紹介させて頂きました。

身近なところでごみを出さないように心がけることが出来るのがレジ袋を断るところからではないでしょうか。
紹介した中で取り組めそうなことから是非チャレンジされてみて下さい。

0120370376