家庭内のゴミを極限まで出さないという発想『ゼロ・ウェイスト・ライフ』のやり方

家庭内のゴミを極限まで出さないという発想『ゼロ・ウェイスト・ライフ』のやり方

断捨離のさらに上をいくのが「ゼロ・ウェイスト」です。
断捨離を行った必要最低限のもので暮らす生活をミニマリスト、シンプルライフと言いますが、ゼロ・ウェイストは、もうゴミを出さないのです。

この『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であるベア・ジョンソンさんは家族4人で、ゼロ・ウェイスト・ライフを行って1年でたった1リットル分しかゴミを出しません。
今回は、『ゼロ・ウェイスト・ライフ』のやり方について紹介させて頂きます。

ゼロ

「ゼロ・ウェイスト」の基本

ゼロ・ウェイストの基本は3つの考え方から成ります。

  • シンプル化
  • 再利用
  • ゴミの分別

この3つを基準にモノと向き合った生活を行い、ゴミを出さない生活を実現できれば「ゼロ・ウェイスト」になります。

1.シンプル化

ゴミが出ることを防ぐ基盤になるのがシンプル化です。
今、家にあるものを、ひとつひとつ見直して本当に必要なモノだけで生活することが物を管理する観点などから非常に優れています。

モノを手放すには色んな基準があるのですが、お勧めの方法を紹介します。

  • 再利用可能か?
  • 時間を割いてまで手入れする価値があるか?
  • 使用頻度が高いか?
  • 人から貰ったからなどの理由で保管し続けていないか?

これらで取捨選別して自分の身の回りに必要な物だけを最小限の数残してシンプルな生活を送りましょう。

2.再利用

ゼロ・ウェイストでは、モノを捨てる選択よりも出来る限り再利用することを選択します。
もう着なくなってしまった衣類を切って繰り返し使えるウエスにしたりして、使い捨て用品を持ちません。

繰り返し使えるものだけを身のまわりにおいて生活することでゴミが減ります。

3.ゴミの分別

ゴミをしっかりと分別することもゼロ・ウェイストでは、とても大切な事。
分別することで再利用できるんじゃないかということに気づけます。
そして捨てるということになってもちゃんと分別されてるので最終的にはリサイクルの道を辿ることが出来るので実質ゴミゼロを達成しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、『ゼロ・ウェイスト・ライフ』のやり方について紹介させて頂きました。

ゴミを出さないで生活するというのは、現代人にとって非常に難度が高いと思いますがゴミから出る悪影響は直ぐ傍まで迫ってきています。
より多くの人が出来る範囲で『ゼロ・ウェイスト・ライフ』を実行していけば状況は、変わっていきます。
是非、1つでもゴミを出さないように心がけて下さい。

0120370376